ブラック扱いでも借り入れを行う方法とは?

ブラック扱いとは、これまでの借り入れの状況が悪く、どのキャッシング会社からも相手にされなくなってしまったことを表します。そのような状態になってしまう原因とは、主に返済の遅延です。一度や二度、短期間返済を遅延したくらいではブラック扱いにはなりません。

 

度重なる遅延を繰り返したことがあるような場合や、延滞期間が長期間に渡ったことがある場合、もしくは長期間返済していない延滞を現在も抱えているような場合がそれに当たります。このように返済日を守らないような人にはお金は貸せません。

 

そのため、ブラックという扱いになってしまいます。また、債務整理を行った場合もこの状態になってしまいます。この場合は行った債務整理の内容にもよりますが、最低5年間はこのブラック扱いになると思ってください。

 

ブラック扱いの人でも借り入れが行える?

ブラック扱いになってしまうと、その情報が信用情報期間に記録されます。キャッシングの審査では必ずこの信用情報をチェックするので、それによって審査を通ることはありません。ですが上にも書きましたが、この信用情報は直近の5年間の分が記録されているものです。

 

この期間が過ぎれば普通に借り入れを行えるようになる可能性があります。債務整理を行った場合は最後の返済が終わってから5年間です。この債務整理では3年間で返済を行えるような計画を立てることが多いので、債務整理によって減額された残りの分の返済を開始した直後から数えると、約8年間はブラック扱いになることになります。

 

このような状態の人がお金を借りる場合、まずはキャッシング会社を利用せず、人から直接借りることが挙げられます。ブラック扱いになってしまっていることを知っている人だと難しいかも知れませんが、知らない人であれば、充分借りられる可能性があります。

 

これはお金を貸してもらえるような人が身近にいるかどうかです。またお金の貸し借りは親しい仲であっても嫌がられることも多いので、普段からの信用にもよるところが大きいです。

 

共済制度や貸出制度を利用する方法

勤務している会社の共済制度、もしくは加入している生命保険の貸出制度を利用することができる場合があります。これは会社にそのような制度があるかどうかにもよりますが、お金を借りられる制度がある場合、ブラック扱いであっても利用できる可能性があります。

 

生命保険の場合も加入している保険にそのような制度があるかどうかですが、こちらも加入期間などによっては利用できるかも知れません。ただ保険の貸付制度を利用する場合は、その保険の掛け金の支払いをきちんと支払ってきた場合に限られます。ブラック扱いになってしまったような人は、これも疎かにしている可能性が高いといえるので、あまり期待しない方がいいかも知れません。

 

質屋を利用する方法もあります

これはそのまま、価値のある所持品を質屋で換金する方法です。ブランド物のアクセサリーや時計などは中古品であってもそれなりの値段が付くことが多いです。手放したくない大切な物もあると思いますが、どうしてもお金が必要な場合は背に腹は代えられないこともあります。

 

中小の消費者金融なら利用できることがあります

大手の消費者金融ではブラック扱いの人が借り入れを行うことは不可能ですが、中小の消費者金融の場合、独自審査を行っているところがあります。この独自審査では信用情報に問題があっても、それをあまり問題とせずに借り入れが行える可能性があります。

 

ブラック扱いになっている人にお金を貸すこと自体には何も問題はないので、職業や収入によってはあまり高額でなければ借り入れを行えることがあります。ですが中小といえど、消費者金融です。審査でその人がブラック扱いになっていることは信用情報から分かるので、あまり期待はしない方がいいかも知れません。

 

ヤミ金にだけは手を出してはいけません

ヤミ金と呼ばれる、正規の金融業者ではない貸金業者があります。こういった業者では大手の消費者金融では借り入れを行えない人を狙って貸し出しを行っています。そのためブラック扱いになっている人でも借り入れを行える可能性がありますが、このような業者は決して利用しないようにしましょう。

 

法外な金利をとられるのはもちろん、返済が遅延した場合に違法な取り立てを行われてしまう可能性があります。その金利も、10日間で3割などといった数字のことが多く、当然違法な金利です。

 

どうしても借り入れが必要なのかを考えましょう

ブラック扱いになってしまった理由が債務整理を行ったための場合は特にそうですが、新たな借り入れを行ってしまっては、いつまで経っても借り入れの完済が行えません。そうではない場合も、ブラック扱いになる前には何度も返済の催促を受けてきたはずです。

 

この状態で借り入れを行ってしまうと、またそのような状態になってしまう可能性が高いといえます。本当にどうしても借り入れが必要なのかをもう一度考えましょう。借り入れは行わないに越したことはありません。それがブラック扱いの人であれば、尚更です。

 

債務整理を行ってブラック扱いになった場合

債務整理を行った場合、もう借り入れは行わないと決めるくらいの覚悟をもってください。その覚悟がない場合、ブラック状態が明けたあとにまた借り入れを繰り返してしまい、再び多重債務状態に陥ってしまう可能性があります。特に個人再生や自己破産といった債務整理は滅多なことでは二度は行えません。

 

何故債務整理を行わなくてはならなかったのかを思い出し、それまでの生活自体を改める必要があります。そうでないと何度も同じようなことを繰り返してしまいます。債務整理を行ったことをきっかけとして、借りる生活から溜める生活に変えていくように心掛けてください。

 

借り入れの状況が悪くてブラック扱いになった場合

この場合は返済日をきちんと守るという、キャッシングのおいての最低限の約束を守れなかったということになります。これを反省しましょう。キャッシングが無担保、保証人なしで借り入れを行えるのは、その人を信用してお金を貸しているからです。その信用を裏切るような行為は決して行ってはいけません。

 

またキャッシングの利用だけでなく、クレジットカードの利用やその他の各種のローンの利用時も、返済をきちんと行わないとこのブラック扱いになってしまうことがあります。借りたお金はきちんと返すということはいうまでもなく、当たり前の義務です。それを行えない人にお金を貸せないのは、当たり前だといえます。その判断のために、このブラック扱いがあると考えてください。