キャバ嬢でも普通に借りれます。

キャバ嬢とかホストがキャッシングする時って職業欄にキャバ嬢とかホストって書くわけにいかないですよね。お勤め先がそういう時にきちんと対応していれば安心です。夜のお仕事っていっぱい稼げるし、メイクさんに毎回きれいにメイクしてもらったり、衣装も華やかで楽しそうって思う人も多いでしょう。

 

確かに、普通のお仕事よりはずっと高いかもしれませんが、キャッシングしないといけないことも多々あるんです。第一、カリスマが付くようなキャバ嬢やホストはほんの一握りだけで、後は意外と地味で質素な生活を送ってたりするんです。当然ですが、指名がとれないと収入がその分少なくなります。

 

でも、指名を取るためにはエステに通ったり、ネイルのお手入れをしたりとお金がかかるものなんです。それなりに、自分に投資をしないと売り上げをアップさせることができなんです!

 

派遣会社に登録する

実は、昼間は派遣社員として週に3日だけ働いていると言う人は、派遣社員として申し込むことができますよね。本業がキャバ嬢であったとしても、審査受けのよい派遣社員として申し込めば、審査に通ります。

 

在籍確認は、在籍確認不要か収入証明書の提出で承認してくれるところを選べばスムーズに手続きすることができます。派遣会社は、フルタイムでなくても、1日3〜4時間のパートの仕事もありますので、登録している人はキャバ嬢だけでなく、主婦の人でも結構います。スーパーのレジ打ちよりも時給が良かったりしますよ。

 

アリバイ会社って何?

夜のお仕事をする人が普通の会社勤めをしているかのように見せかけることができるのが、アリバイ会社とか偽装会社です。アリバイ会社は、夜のお仕事をしている人が会社員として働いているように見せるために、偽の給与明細を発行したりしています。

 

ただ、このやり方は違法なので、発覚したら審査に落ちますし、他社での借り入れも出来なくなってしまうおそれがあります。そんな時は、週に数回だけ株式登録しているお店で一時的に働かせてもらうという方法があります。個人てんではなく、大きな株式登録をしているお店であれば、安定している印象をアピールすることができるという訳なんです。

 

母子家庭の場合は、母子福祉資金がお勧め

キャバ嬢は独身の人だけじゃなくって、若くして離婚をした若い子が頑張って働いていたりするんです。そういった母子家庭のキャバ嬢は、母子福祉資金を利用するのもアリですよ。

 

母子といっても父子家庭でも利用できるから、ホストをしながら子育てを頑張っている人でも利用できるんです。

 

無利子で借入

返済時の負担が軽くなるようにと、貸し付け利率は無利子となっていて、償還期限は資金の種類によって、3年〜20年間までとなっています。さらに、貸し付け条件の見直しによって連帯保証人要件が緩和されました。

 

連帯保証人の確保が困難な場合は、事情を考慮して、有利子貸付1.5%で借り入れができます。子供が大きくなってくると、学費に係る出費が多くなってきます。子供に我慢をさせて進学を断念させる前に、母子福祉資金での借り入れを検討してみることをお勧めします。

 

手続きに時間がかかります

この制度を利用する時の審査は、貸し付け制度利用申請書を提出した先の行政が審査を行っています。審査では、申し込み者の収入状況や、生活費にどれくらい必要なのか、貸し付けた場合には毎月いくら返済できるかなどを、提出した書類に沿って審査を行います。

 

申し込みから審査が通るまでに軽く3週間はかかってしまうののと、子供の進学目的で借り入れを希望する場合は、子供と一緒に面談に行くなど色々面倒なのがネックです。急な出費の時には頼れませんが、子供の成長に合わせて子供のために借り入れを申請する場合だったらいいと思いますよ。

 

自由業として申し込む

最近キャバ嬢といっても、ただお店で働くだけではなくて、副業で稼いで頑張っている人も結構いるみたいです。お店に来るお客さんで、財テクに詳しい人から色々教えてもらっているうちに、自分でも始めたというパターンが多いみたい。

 

株取引やFXって、スマホでも取引ができるから、お店でお客さんとお話ししながら、直接スマホの画面を見ながら取引方法を教えてもらっているうちに、稼げるようになっちゃいましたというキャバ嬢って最近増えているんです。

 

少額であっても、確定申告をしている状態であれば、自由業として申し込むことができますよ。自由業で申告すれば、在籍確認といっても自宅で働いていることにしておけば、自分のスマホに連絡がくるだけで簡単に手続きをすることができます。

 

正直に書く

後からトラブルに発展するのは絶対に嫌だという人は、初めから正攻法で「水商売」と申告してしまいましょう。何もやましいことはない訳ですから、正直に記入して正々堂々と借り入れをしましょう。

 

それに、急場をしのぐためにアリバイ会社を利用しても、勤続年数が短すぎて審査にマイナスの影響を与えてしまうかもしれません。審査に通ってももしかすると、限度額が最低限度額の10万円になってしまうかもしれませんが、真面目な借入・返済実績を作って限度額を上げてもらえように頑張りましょう。