これをやればキャシング審査通過率は100%! 自営業・フリーランス篇

自営業やフリーランスの人がキャッシングする場合、「なかなか審査に通らずヤキモキ……」ということもあるかと思います。審査の通過率を上昇させるにはいくつか方法があるのですが、最も手っ取り早く確実なのが「法人化」です。

 

自営業・フリーランスのいわゆる個人事業主は、「個人」であることから審査を通りにくいのです。法人になってしまえば、確実に信用度が上がり、審査にも格段に通過しやすくなります。株式会社だったら一層よいですね。

 

また、「借り入れが今のところ残っている場合はできるだけ早く返済済みにしておく」「借り入れ先が複数にわたっている場合はできるだけ一本化しておく」などの対策をとっておくと、これも審査の通過率があがります。ここは一般の会社員やOLさんのキャッシングと共通する部分ですね。

 

「事業者向けローン」を利用すれば、総量規制対象外での借り入れも可能

「もう年収の3分の1まで借りてるんだけど、もう少し必要だ。困ったなあ」という場合でも、追加で借りる方法があります。

 

「事業者向けローン」で借りるというもので、これは自営業・フリーランスの人だけが使える裏技的手法です。これは、事業者向けローンが「総量規制対象外」にあたるためにできることで、いざというときの手段として覚えておくとよいかもしれません。

 

事業者向けローンは、生活費としても利用可能

「事業者向けローンっていうんだから、やっぱりこれは全部事業に使わなくちゃいけないんでしょ?」とまじめにかまえる必要はありません。実は事業者向けローンは、事業費とともに生活費として利用してもよいのです。

 

これはかなりのメリットですね。実際、ビジネスローンを提供している会社でも、プロミスなどは用途を「事業費・生活費」と明記していますし、アコムにいたっては「自由」です。事業者向けローンは「自由」に使っていいんですね。

 

逆に事業用途限定のローンもあります

もちろんビジネスローンのコースによっては「事業用限定」と制限があるところもあります。アイフルなどがその例です。ただし、無理にアイフルを選ぶ必要はありませんので、とりあえずアコムやプロミスを頼ってみるのがよいでしょう。

 

自営業・フリーランスなどの個人事業主が、カードローンなどで審査を通過しにくい理由は?

「審査に通りにくいのは、固定収入がなく、不安定な収入状態なのが理由なのでは?」と思われるかもしれませんが、コトはそう単純ではありません。自営業・フリーランスの人は、所得税をできるだけかからないようにするため、確定申告の際に年収を低く申告することが多いです。

 

もちろん違反をしているわけでなく、費用を「事業経費」として申告することで、税金対策をしているわけですね。その結果、個人所得が実際よりも少なくなるのですが、カードローンの申請の際にそれが逆にネックになっているのです。

 

「それなら経費をあげずに個人所得を多くすればいいのでは?」となるのですが、そうすると税金が増えることになります。まさに「あちらを立てればこちらが立たず」の状態です。もっともよいのはローンを組む必要がないように支出を管理できればいいのですが、なかなかそううまくいかないのが難しいところですね。

 

カードローン審査を通るなら、やっぱり法人化

ここまでお話してきますと「ローン審査を通過するには法人化がいいらしい。じゃ、法人化しよう」と思われるかもしれませんが、一朝一夕にできるものでないのが法人化です。株式会社だけでなく合同会社などもそうですが、法人化には最低3週間程度の期間を要します。

 

また費用もかかり、規模や業態によって7万?25万ほど必要になります。それでも法人化というのは、信用度に段違いの差が出てきますので、可能ならば法人化を検討してみてください。やはりカードローン審査での信用は、世間での信用度とかなりの部分で正比例するところがあります。

 

法人でも、事業での借り入れがある場合は要注意

カードローン業者が審査の際に、申請者のどこを見ているかというと、「この人(法人)は信用できるか、リスクが少ないか」というところです。ですので、たとえば「法人化が有利なので法人化して、株式会社を設立し、代表取締役に就いた」けれども、「事業のために銀行から1億借りている」ケースなどでは、審査が通りにくくなることに注意が必要です。

 

カード会社が融資するのは、「危険の少ない」申請者です。日本の法律においては、会社の借金は代表者の借金と同義ですから、借金を背負っているところに融資するのは躊躇するわけです。この点には充分注意してください。

 

個人事業主でも審査に通過しやすいのは長期の事業継続がある人

カードローン審査での基準のひとつに、「安定的であるか」というものがあります。これを個人事業主にあてはめると、「長年にわたって同一業務を継続しているか」ということになります。これは一般の会社員やOLさんの「勤続年数」や、住宅の「居住年数」と同じ意味合いです。長く同じ所で働き続けている・住んでいるということは、それだけで「安定性」があると判断されます。

 

よって、もし類似業種で年収も近い個人事業者がそれぞれカードローン申請をした場合、継続年数が長い、いわゆる古株の人が審査を通りやすい傾向があります。何事も「継続は力なり」です。信用も簡単にできるものではありません。コツコツと築いていきましょう。