離職前にカードローンに申し込むと、それは保険となる

キャッシングに関するインターネット上の意見では、転職する前にカードローンに申込みを済ませておくほうが良いというものがあります。これは、転職後では勤続年数が短くなるため、新たなキャッシングを利用することが難しくなるからです。

 

転職時に潤沢な預貯金がある場合には、病気や事故に巻き込まれてもその預貯金を使えるためキャッシングは必要ありません。しかし十分な備えがないまま転職に望む場合では、あらかじめキャッシングの申込みをしておくと、保険としてキャッシングを利用できるようになるのです。

 

転職直後にキャッシングを申し込んでも、審査で落とされてしまう

転職時には何かとお金が必要となるものです。転居したり、資格を取得する必要があったり、お金をかけずに転職できるケースは稀です。

 

以前の勤務先で潤沢な貯蓄が蓄えられている場合にはその貯蓄を取り崩れば良いのですが、そうでない場合には、お金を用意する必要があります。資金を用意することができないと、上手く転職できないということも考えられるのです。

 

転職前にキャッシングの申込みを済ませることが求められる

転職のためにお金が必要となっても、その時に無職であってはキャッシングの利用は認められません。消費者金融では総量規制というルールが課されているため、キャッシングできる金額は年収の1/3までと限られています。

 

この総量規制により無職の時には無収入であるため消費者金融の利用はできません。また銀行カードローンも、専業主婦である場合を除き無職であるとキャッシングの利用はできなくなっています。

 

転職のために資金が必要となるのであれば、離職する前にキャシングの申込みを済ませておく必要に迫られるのです。その時、キャッシングする予定がなくても、申込みさえ済ませておけば十分です。一定の限度額が認められれば、借入れをしないかぎり一切金利を支払う必要はありません。

 

転職後にも、借入限度額は維持される

従来、勤務していた会社をやめても、すぐに限度額が減額されるということはありません。限度額が増額されるのと同様に減額についても、徐々に減らされることとなります。仮に転職が上手く成功しなくて無職の状態が継続しても、限度額が突然0円になってしまうという場合は稀なのです。

 

ということは離職する前にキャッシングに申し込んでおくと、キャッシングを緊急避難的に利用できるということになります。無職の場合にキャッシングを申し込んでも、審査で必ず落とされます。だからこそ、急な場合に備え、離職前にキャッシングの前に申し込んでおく必要があるのです。

 

保険としてキャッシングに申し込んでおく必要がある

キャッシングというとその本質は借金であるため、申し込みには躊躇する場合が多いものです。しかし病気や事故に巻き込まれた場合、キャッシングが利用できるからこそ減らせる出費というものも存在しています。

 

幸いキャッシングに申し込んでおくだけでは金利負担は発生しません。キャッシングへの申込みは無料なので、具体的に借入れをしない限り金利が請求されることはありません。。そこでキャッシングをある種の保険と捉え、申込みだけしておくことも検討に値するのです。

 

お金がないときに虫歯になったとしたら

お金ががないときに虫歯になった時、歯医者に行く費用が惜しい余り、我慢してしまうということが考えられます。5000円程度の治療費を惜しんで歯医者に行くのを躊躇していると、虫歯が大きくなって結果としてもっと大きな治療費を強いられてしまうのです。

 

このような時、キャッシングを利用することは、経済的にマイナスの行為ではありません。早めに治療を済ませてしまえば、将来発生するであろう追加の出費を減らすことができるのです。キャッシングを効果的に使うと、かえって出費を減らすことが可能となります。

 

転職するような場合、特に離職して一定の無職の期間を挟むような時には、キャッシングを保険として活用することも可能となるのです。人はいつ何時、病気になるか、事件や事故に巻き込まれるか予測できません。突然の出費に迫られても安心できるように、あらかじめキャッシングに申し込んでおけば、何かと便利なのです。

 

貯蓄額が50万円以下であるなら、キャッシングへの申込みを検討すべき

転職に際して、50万円以上の貯蓄があるのであれば無理にキャッシングに申し込む必要はありません。引っ越しの費用や当面の生活費は十分、貯蓄から賄えることが予想でき、突発的な出来事に巻き込まれても貯蓄から対応することが可能です。

 

しかし50万円ほどの貯蓄がなく転職に望むのであれば、キャッシングには事前に申し込んでおくべきです。転職後に何が起こるかわからないからです。新しい職場に希望を抱いて転職しても、その職場における仕事や人間関係がどのようなものかはわからないものです。

 

転職直後に離職するといった事態も起こりえます。そんな時に貯蓄がなければ生活に支障をきたすことも考えられます。そのような場合に備え、キャッシングに申込みを済ませておくと、緊急事態に融資を受けることが可能となって、生活を支えることができるようになるのです。

 

転職後にはカードローン会社への連絡が必要となる

カードローンの申込みの規約に記載されている通り、転職した場合にはカードローン会社へ連絡することが必要となります。これは転居により住所が変わった場合や、結婚により苗字が変わった場合に、申し出が必要となるのと同様のことです。

 

しかし転職により、それまで認められていた限度額が突然減額されてしまうということはありません。転職の連絡については転職後すぐに行うほうが望ましいものの、生活が落ち着いてからの連絡で大丈夫です。
届け出を忘れていたからといってペナルティーがあるわけではありません。転職によるカードローンへの大きな影響はほとんど存在しないため、転職前にカードローンへ申し込んでいても大きな問題はないのです。