フリーターの方などが実践する自転車キャッシング

電気代や水道代など、生きていく上では様々なことで生活費が掛かってしまいます。税金や保険料など、支払うものはたくさんありますが、出費の大多数を占めているのはこの生活費でしょう。

 

これらの支払いが滞ってしまうと、供給が止まってしまって、非常に厄介です。ですので、これらの支払いのためにキャッシングを利用するというのは普通にありなことです。

 

キャッシングで損をすることはほとんどない

キャッシングを利用することは、お金が非常にもったいなく、金利などが恐ろしいと考えている方は非常に多いでしょう。ですが、金利が大きくなるのは遅延や延滞を行ってしまう場合や、借入金額が高額になった場合です。生活費などの支払いのために借り入れする金額は月々2万円程度でしょう。

 

これぐらいの少額融資ならば、金利として支払うのは非常に少ない金額なのです。消費者金融から少額の借り入れをする場合、1万円あたりにかかる金利は1ヶ月あたり150円ということになります。ですので、2万円ならば300円、3万円ならば450円です。これぐらいの金利ならば非常に少ないと感じるでしょう。

 

実際に、これぐらいの出費ならば殆どないといっても同然です。1万円を借りて支払う金額はペットボトルの清涼飲料水を一本買うのにも満たないのですから、私たちが日々の生活でついついやってしまいがちな無駄使いをする金額とほとんど変わらないのです。これぐらいの出費をすれば、水道を止められたり、電気を止められるようなことが無くなると考えれば、非常に安い買い物だとも言えるのです。

 

ストレスを感じないことが重要

キャッシングを利用することなく、電気や水道が止められてしまうのは、生活面においてはかなりの大打撃です。トイレもままなりませんし、スマホやその他諸々の生活必需品が使えなくなってしまうのは、とんでもないストレスとなってしまいます。ただでさえ、いろいろなことでストレスを感じてしまい易い世の中になっているのに、余計なストレスを抱えてしまうのは、かなり辛いことでしょう。

 

そうなってしまうのであれば、いっそのことキャッシングを利用して支払いを済ませ、日々の生活を何一つ不自由なことにならないようにして、より一層仕事に身を入れた方がいいと言えるでしょう。また、数万円の借入の少額融資であれば、返済はそれほど大変なものではありません。日雇いバイトなどを行えば、1週間もあれば楽に稼げる金額です。

 

一月のうちに少しだけ仕事を頑張る期間を作ることで返済できる金額、と考えれば、期間中の仕事に対するモチベーションも上がるでしょうし、気持ち的にもかなりゆとりを持つことができます。要するに電気や水道などが止まっている生活を1ヶ月続けて、翌月に2ヶ月分払うか、キャッシングをして支払いを済ませ、電気や水道が十分に使える中で、仕事量を増やして2か月分の料金を払うか、という違いがあると考えられます。そうすると、明らかに後者の方が楽な生活ができると理解できるでしょう。

 

フリーターでも審査に通過するのか

このような自転車キャッシングをやっているのは多くの方がフリーターです。フリーターでは審査に通過しないのではないか、と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょうが、実はフリーターは思いのほか審査に通過するものなのです。

 

収入が十分にあるため審査に通過しやすい

キャッシング審査に通過するために重要なことは借入状況と信用情報、そして収入です。借入状況や信用情報は個人個人によって違いますが、収入に関しては、フルタイムで働いているフリーターならば、年収は150万円くらいにはなるでしょう。実は、これぐらいの年収があるのならば、審査の通過自体はそこまで難しくないのです。

 

特に、10万円以下の少額融資ならば、年収の問題は完全にクリアしており、審査でチェックされることは年収以外の事柄だけなのです。それらに心配する要素がなければ、フリーターの方であっても審査に通過してキャッシングを利用することはそこまで難しいことではありません。

 

金利を払いたくないと言う方は無利息期間を利用する

金利を安くしたい、と言う方もいらっしゃるでしょうが、フリーターの方などでは金利の安い銀行カードローンを利用することは難しいことです。正社員の方であっても、借りられるかどうかが分からないくらい、銀行カードローンの審査は厳しいので、審査に通過する確率は非常に少ないでしょう。

 

それでも、金利を安くしたいと思うのであれば、消費者金融の初回利用時の無利息期間を利用するといいでしょう。いくつかの消費者金融ならば、この期間を持っているので、それらの消費者金融を借入先に選ぶことをオススメします。

 

無利息期間は180日間と30日間のものがある

プロミスとアコムの無利息期間は30日となっています。ですので、生活費のためのキャッシングを利用して、生活費にお金を使った後に1ヶ月以内に返済を行えば、金利は無しで済みます。ただ、どうしても1ヶ月では返済ができない、という方も多でしょう。

 

もちろん、この無利息期間分の利息は、未来永劫発生することはありませんので、2か月で返済をしたとしても、金利は1ヶ月分で済みます。少しだけ期間を長く設定して返済が可能となるのです。ですが、レイクの無利息期間ならば180日間、実に6か月もの間利息が0になるのです。

 

ただし、5万円までという制限が付きますが、こちらならば1ヶ月分の生活費を借入して、それを期間いっぱいで返済することもできるので、月々の出費を少なくすることができます。また、限度いっぱいの借り入れをしていれば、もしも1ヶ月分の借入をしたけれど、翌月もお金が足りなくなってしまった、という場合にも対処できますし、金利も発生しないため、もしものために備えることも可能です。

 

もしも、まだキャッシングを利用していない、これらの消費者金融を利用したことがない、というのであれば、無利息期間を活用すると、出費を抑えることがさらに可能になるので、かなりオススメです。

 

返済の負担にお役立ち!無利息期間のあるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。