消費者金融の最低借入金額が30万円と言う噂について

消費者金融の最低借入金額が30万円だという噂を良く耳にします。ですが、実際の数値としてははっきりとは決められてはいません。また、融資の許可が下りる最小融資限度額は10万円ですので、最低の借入金額は10万円だとも言えます。

 

ですので、実際は5万円などのキャッシングを利用したい場合であっても、与えられる融資限度額は10万円からということになり、そこから5万円だけ借り入れるということになるでしょう。ですので、借入できる金額は何も10万円よりも低い金額だとしても構わないのです。

 

あくまで限度額であることを知っておく

もしも、30万円の融資限度額をもらったとして、20万円だけ必要だったとしましょう。その場合に、30万円も借入しなければならないのか、と思われるかもしれません。ですが、その必要は全くありません。

 

あくまで、借入の限度額です。借入限度額が30万円だと言うことは、金融機関があなたには30万円までお金を貸し付けることを許可した、ということに過ぎませんので、それ以内であれば、借入する金額は利用者が決めても大丈夫なのです。

 

審査の際には、この限度額を借りているとみなされる

多額の借入限度額を貰うことは、利用者にとっては大きなメリットです。しかし、もしも借入をしている最中に、新たなキャッシング、またはクレジットカードの審査を受ける際には、少々不利になってしまう場合があります。

 

というのも、キャッシングの際には現在の借入金額がどれくらいあるのか、ということも審査対象となり、その借入金額というのは、利用者が今借りれしている金額そのものではなく、融資限度額を見て判断するのです。

 

ですので、5万円しか借りていないのに、限度額が30万円あれば、この人は30万円の借り入れをしていると理解されてしまうのです。キャッシングなどの審査を追加で行う際に、これが理由で審査に落ちてしまう場合もあります。ですので、借入しているお金を返してしまってからの方が審査には通りやすいのです。

 

消費者金融は50万円以内の融資から始まりやすい

消費者金融でのキャッシングを初めて利用する場合ですと、融資金額は基本的には50万円以内の融資となります。まだまだ利用者には信用度がありませんから、消費者金融もきちんと返済をしてくれるのかを様子見しているのです。一体どのくらいの金額まで初回で融資してもらえるかは、利用者の雇用形態や、勤務年数などに寄ります。

 

10万円の融資限度額が与えらるのは基本的にはフリーターの方などの非正規雇用の方が多いでしょう。年収が低ければ、これぐらいになる場合もありますが、正社員の方ならば、大体30万円くらいです。そして、50万円の借り入れからスタートするのは、勤務年数の長い正社員の方の場合です。もちろん、年収や個人の信用情報などに左右されますが、大体の目安としてはこれぐらいだと考えてもらうと結構です。

正社員の方が一般的なので、30万円と噂される

消費者金融の最低借入金額が30万円だと言われる理由は、日本にとって一般的な正社員の方が初めて利用する際に適用されやすい金額だからなのです。普通に暮らしている正社員で30万円以下の融資限度額が与えられることは滅多にありません。ですので、このような噂が広まるのは当然のことのように思います。

 

限度額10万円となってしまう場合

融資限度額が10万円と言うのは、フリーターなどの生活が安定しない方や、借入状況や信用情報が非常に悪い方です。消費者金融からすれば、10万円までならば、例え貸し倒れされてしまっても大きな損失とはなりません。

 

捨ててもいいくらいの金額でしかないので、まだ信用できない方にでも、返済能力が高くない方であっても、融資できる最低限の金額なのです。ですので、フリーターなどの方以外でこれぐらいの限度額になる場合は、利用者自身にかなり問題がある証拠ですので、改善するように努めた方がいいでしょう。

 

借入希望金額は高く設定した方がいいというのは本当?

また、似たような噂として流れているのが、借入金額を高くした方がキャッシング審査に通過しやすくなる、というものです。前の事例はあながち間違いではありませんでしたが、こちらの場合は完全な間違いです。

 

100万円までは金利が変わらないことが原因

消費者金融の金利は、100万円までは大体18%の金利率となります。多くの消費者金融は利用者の信用情報によって金利率を変更するようにしているので、このようなことを公表している会社は少ないです。しかし、概ね18%であることは、利用した方などの情報から分かっていることです。

 

ですので、借入希望金額を高く設定したとしても、無意味ですし、そうすることによって審査に通過しやすくなる道理は全くありません。むしろ、身の丈に合わないキャッシングをしようとしているのですから、審査に不利になってしまう場合があります。借入希望金額を提示するのならば、できるだけ自身が利用する金額に設定した方がいいでしょう。

 

借入希望金額は少な目にするといい

借入希望金額を小さくするという行為には、様々な情報が寄せられており、そうする意味は全くないと述べている意見もあります。ですが、借入する金額が小さいほど審査は楽になりますし、金額が多いと審査は慎重にせざるを得なくなりますから、審査時間は長くなり、厳しさも少額の時よりかはきつくなることが多いでしょう。ですので、少額にしておいた方がいくぶんかのメリットがあるのは確かなのです。

 

銀行カードローンにおける少額融資のメリット

銀行カードローンを利用する場合には、少額融資をしたときに、在籍確認の電話が無くなった、という事例が発生する場合があるようです。公式からそのような発表があったわけでありませんが、利用者寄せる体験談や口コミなどにはそのようなことがあった、というものがたくさんありますので、それなりに高い確率として起こり得ることです。ですので、少額融資を利用する際に、銀行カードローンを利用するのもいい手段の一つかもしれませんね。