金欠にこそキャッシングを利用するべき

給料日前というのは、どうしても金欠に陥りがちです。給料日前だから何かいろいろと買ってしまったり、1ヶ月間になんの計画も無しにお金を使ってしまったりと、理由は様々ですが、かなりお財布事情が苦しくなってしまっていることでしょう。

 

そのような場合にでもキャッシングを利用することは別に悪い事ではありませんし、たった数万円程度の借入をするのであれば、発生する金利も無駄遣いの範疇の金額となるので、もしもお金が入用であれば、給料日前のキャッシングを利用してもなんら後ろめたい事もなく、むしろ簡単にピンチを乗り切ることができるでしょう。

 

10万円までの小口融資は誰でも簡単に借入可能

キャッシング審査、と聞くといろいろな書類を持ち込んだり、身辺調査をされたり、とかなり小難しいことを考えられる方も多いようですが、実際の審査はそこまで難しいことは致しませんし、何より、少額融資ならば、かなり簡単な審査を済ませるだけで済む上に、誰でも借入することができるのです。

 

もちろん、ブラックリスト入りしている方などは除きます。ただし、そのような方ではなく、ごく普通に生活をしている方であるのならば、10万円までであれば簡単に借入することができるでしょう。ですので、気軽に申し込みをして、気軽に借入をすればいいのです。

 

金利が気になる方には無利息期間のある業者がオススメ

小口融資の際の金利は非常に小さく、1ヶ月で1万円の借入をしたとしても、1ヶ月で150円くらいしか発生しません。ですので、金利自体はそこまで気にすることではないのですが、返済を長期化したい、少しでも金利を安くしたい、という方もいらっしゃることでしょう。そのような方にオススメなのが、キャッシング会社が設けている初回利用時の無利息期間を利用することです。

 

無利息期間は読んで字のごとく、それぞれの金融会社が定めている一定の期間は金利が発生しないというものです。ですので、実際に支払うよりは幾分か得をすることになるでしょう。また、少額の借入ならば、給料日の前に借りて、給料日が来てからすぐに返済をする、ということもできますから、どうしても忘れっぽい方や、返済をするだけのお金を確保するのができるかどうか不安、と言う方でしたら、この無利息期間を利用することをオススメします。

 

 

無利息期間の種類

無利息期間を持っている金融機関は、プロミス、アコム、レイクの3社です。プロミスとアコムは、無利息期間は30日間となっています。ですが、こちらは無利息になる上限金額が設定されていませんので、もしも、少額ではなく高額の借入もしたい、というのであれば、プロミスかアコムを利用することをオススメします。

 

レイクの場合は、上限金額が5万円と決まっています。ですが、無利息期間が適用されるのは5万円というだけであって、10万円の借入をした場合、期間中は5万円分の金利が免除され、残りの5万円分から金利が発生するという仕組みになるのです。こちらは上限金額が設定されているので少々不自由ではないか、と思われるかもしれませんが、レイクの無利息期間はなんと180日間とかなり長めに設定されています。

 

ですので、少額の借入であったとしても借りてすぐに返済する必要がありませんので、期間いっぱいを使ってのんびりと返済を行うことも可能です。また、もしも2万円だけ必要で、それを借入する場合であっても、限度いっぱいの5万円の借入をしておくと、今後お金が必要になってしまったとしても、借入をした残りの3万円を使うこともできます。もしもそのようなことが無かった場合は、文字通りお金を返すだけですから、利用者が損をすることは全くありません。

 

ですので、無利息期間を活用したいというのであれば、期間の長さから選ぶとレイクが一番と言えるでしょう。もちろん、どこを利用したいか、どこを利用すればいいか、ということは利用者によって違いますので、それぞれの目的に合った利用先を選ぶといいでしょう。

 

返済の負担にお役立ち!無利息期間のあるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

借入先は消費者金融を選ぶようにする

少額融資の借入をしたいのであれば、消費者金融を利用するのが一般的です。無利息期間があるのは消費者金融だけですし、即日審査、即日借入などのシステムが充実しています。また、少額融資を行うならば、銀行カードローンと比べても金利の違いというのはほんの数百円程度にしかならず、逆に審査は厳しくなってしまうばかりなのです。

 

ですので、わざわざ銀行カードローンを利用するメリットや動機と言うものはほとんどなく、消費者金融を利用した方が、借入できる時間が短縮されるなどのメリットがあるために、そうすることが一般的となっているのです。

 

ですが、一部の方では消費者金融を利用することができません。それは、無収入の専業主婦などの、自分自身には収入がないけれど、配偶者には収入があるという方です。消費者金融自体が、収入が無い方の借入を断っているから、というのが理由です。

 

ですが、このような方ならば、銀行カードローンが利用可能です。その上、無収入の専業主婦の方が利用するための制度をかなり整えている銀行もありますので、それらを利用すれば、会社員などの方が利用するのと同等、もしくはそれ以上の条件でお金を借りることができる場合もあります。